すぐに喉が痛くなる人|カラオケ上達法の練習方法

すぐに喉が痛くなる人

せっかくカラオケに上達のための練習に行っても、
一曲歌い終わったら早くも喉に痛みが走るという場合も数多くあります。

 

こうした症状が出るのは、大抵おかしな状態で喉を使っているせいであり、
歌い方を正すことで大抵の人が苦しみから開放されるはずです。

 

喉の乾燥は天敵

 

まずは、喉が乾燥していると喉へ悪影響を与えることになりますので、
カラオケで歌うときには必ず飲み物を頼むようにしましょう。

 

常温の水が一番良く、一般的なお店なら頼むと持ってきてくれるようですが、
味のあるものがいいという人は炭酸を除いた甘味のないドリンクをオーダーしてください。

 

上達を目指して長い時間トレーニングを行いたいときは、
飲み物を少しずつ口に入れながら練習を行うのを基本としてください。

 

喉からの大声は危険

 

大声を発声しようとして、喉から無理に押し出すような
出し方をする人もいるかもしれませんが、この手法も良くありません。

 

声に関しては、喉の奥からではなく
お腹の底から発声するといった表現が適切ですので、
第一に腹式呼吸を習得することからスタートさせましょう。

 

短時間で喉が痛くなってカラオケがなかなか上達しないという人の場合、
腹式呼吸になっておらず胸式呼吸のまま歌っているケースがほとんどです。

 

胸式呼吸をしていると、喉の周辺の筋肉に要らない負荷をかけるため、
伸びやかに歌い上げられないと、喉を痛くしやすいのです。

 

カラオケではわめくように歌っている人も少なくないですが、
これも喉に負担をかける歌い方で、すぐ痛くなるでしょう。

 

しゃくる歌い方をしてしまうという人は、
練習を積んでこの癖をなくすよう励んでください。

 

スポンサードリンク